-沖縄旅行の計画

2009年8月アーカイブ

【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

沖縄へ旅行に行こうと思い立ったら、まずは何処を拠点に行動するかを考える必要があります。沖縄は大きく分けて那覇市内、南部、中部、北部、離島と分けることが出来るので、ホテルを何処にするかを考える事から始めるのが良いでしょう。

また、行きたい観光スポットがある場合は、その周辺のホテルを宿泊場所と考えて旅行の計画を立てれば良いと思います。滞在日数によって回れる観光スポットやビーチは限られてしまいますので、まずは何を最優先にするのかが大切です。

具体的に旅行の目的が無い場合は、各旅行会社から多くの沖縄旅行プランが出ていますので、パンフレットを見て考えるのも良いでしょう。

沖縄での宿泊場所が決まったら、旅行日程で行ける範囲の観光スポットを確認してみましょう。今はいろいろなガイドブックやインターネットでのサイトで情報が集められますので、旅行する時期にどんなイベントがあるか、どんな食事がお勧めかなどの情報を得るのが良いでしょう。

何もしないでのんびりと沖縄旅行をするのもお勧めですので、旅の目的に合わせて計画を練るようにしてください。

沖縄は1年を通して人気の旅行先になっていますので、何回訪れても楽しめるスポットになっています。

【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

夏の沖縄は特に旅行客が増え、多くの人たちが美しいビーチやホテルのプールで寝そべり、リゾート気分を味わいにやってきます。せっかく沖縄に来たのだから日焼けをしたい、沢山遊びたいという気持ちはわかりますが、様々な対策をしておかないと、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

沖縄の紫外線は東京と比べても倍近くの強さがあり、曇っていても紫外線対策をしっかりとする必要があるのです。肌を焼きたいと思っている人も充分に注意していないと、すぐにやけどの状態になってしまい病院へ行くことになるのです。

現地の人は真夏の昼にはビーチなどで泳がないと言われていますが、旅行客も朝や夕方に泳ぐという方がお勧めです。なるべく焼きたくないという人は薄手の長袖Tシャツや帽子を着用し、直射日光を避けるという事を心がけましょう。

日焼けがしたいという人も長時間日に当たる事は避け、曇りでも紫外線で肌が焼けるので、晴れている日はなるべく日焼け止めをこまめに塗った方が良いでしょう。

真夏の沖縄旅行では日射病や脱水症状にも注意が必要となり、こまめな水分補給は必ず行う必要があります。特に小さな子供と一緒にいる人は子供が飲みたいと言わなくても、時間を決めて水分を取らせることが大切です。

 FX用語集 ドルストレートとは?  FX用語集 消費者物価指数

冬の沖縄旅行

| コメント(0) | トラックバック(0)
【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

沖縄と言えば真夏のビーチを思い浮かべますが、観光スポットも数多くあるため冬の時期に訪れる人も多くいます。夏に比べて旅行代金は安くなりますが、年末年始などは毎年多くの人が訪れる為、旅行代金も高めに設定されています。

冬の沖縄はコートがいらないとは言えませんが本土に比べて暖かく、台風の心配も無いことから、快適に過ごせる季節なので観光目的の人にとってはお勧めの季節になっています。冬の沖縄旅行の服装としてはフリースやコートなど、寒いときにすぐに羽織れる洋服を持参する事が良いでしょう。日中などは羽織物が必要ないときもありますが、朝夕は肌寒く感じる時もあるので1枚持って出かける事がお勧めです。

冬の沖縄でお勧めなのはホエールウォッチングになり、慶良間諸島の海域に訪れるザトウクジラを見ることが出来ます。雄大で神秘的なザトウクジラを見るホエールウォッチングは1月から3月の期間になりますので、冬の沖縄旅行の際には是非参加してみてください。

海で泳ぐという事は出来ませんが、ホテルのプールなどは1年中泳げる所もありますので、水着は忘れずに持参しましょう。

美ら海水族館や首里城などの観光、沖縄ならではの食事や買い物など、冬の旅行は沢山の沖縄を満喫できます。

 政治ニュース専門ブログ  ネットブックPCって何? その利用法
【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

沖縄は小さな子供がいる家族で旅行へ行く人も多く、旅行会社からはいろいろなプランが出ています。

未就園児などが対象の添い寝プランのパックに人気があり、あまりツアーの数が無いことから空いていたらすぐに予約をした方が良いでしょう。また、和室があるプランも小さな子供がいる家庭や年配の人には人気があり、わざわざ和室があるホテルを探して申し込む旅行客も多くいます。

小さな子供が居る場合一番気になるのが騒音ですが、コンドミニアムならそんな心配をしなくて良いので、家族連れにはお勧めのプランになっています。小さな子供と一緒の旅行で気になることは、急な病気で病院は近くにあるか、オムツが売っているか、観光スポットに子連れで行っても大丈夫か、子供が食べられる食事があるかなどです。

最近は沖縄のホテルでも、家族連れを対象に様々なイベントやギッズクラブを用意している場合が多く、キッズルームや託児所があるホテルも増えてきています。子供が中心の旅行会社のプランも数多く出ていますが、子供と一緒の沖縄旅行ガイドブックなども売られていますので、是非参考にしてください。大人も子供も楽しめる沖縄旅行のプランが数多く出ていますので、子供が小さいからと諦めていた人も行きやすくなっています。

 投資信託は株より儲かるのか  プロテインダイエットで本当に痩せられるか
【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

沖縄へ旅行をする人の殆どが短時間で移動が出来る飛行機を利用していますが、船で行くことも可能になっています。ただ船で沖縄へ行く場合とても時間がかかりますので、時間に余裕があって旅行資金を節約したい人に向いている交通手段になっています。

東京から那覇まで船で行く場合は45時間、大阪からでも25時間ほどかかってしまいますが、学生など時間に余裕のある人が利用する場合が多く、行きは船で帰りは飛行機というように組み合わせて利用している場合が多くなっています。

主要空港から沖縄の那覇空港へはだいたい直行便があり、札幌からだと約4時間、東京から約3時間、大阪からは2時間半程で到着します。宮古島や石垣島などの離島に行く場合は、直行便もありますが便数が少なく、那覇乗り換えが多くなっています。

航空運賃はとても高くなりますが、早割やバースデー割引などを利用してお得なチケットを取れば、割安で沖縄旅行を楽しむことが出来ます。

各旅行会社のパックツアーを利用するのもかなりお得になる場合があるので、航空券を予約するのとどっちがお得か比較検討してみる事をお勧めします。

お得な航空券を利用して沖縄へ行くことが出来れば、旅行中の食事やエステなどが楽しめますので、各航空会社の情報をチェックしておきましょう。

 プロポーズの言葉  自慢できる腕時計  家具の買取り
カテゴリー
更新履歴
沖縄旅行の計画のたてかた(2009年8月 9日)
真夏の沖縄旅行の注意点(2009年8月 9日)
冬の沖縄旅行(2009年8月 9日)
家族と行く沖縄旅行プラン(2009年8月 9日)
沖縄旅行へ行く交通手段(2009年8月 9日)
カテゴリー
更新履歴
沖縄旅行の計画のたてかた(2009年8月 9日)
真夏の沖縄旅行の注意点(2009年8月 9日)
冬の沖縄旅行(2009年8月 9日)
家族と行く沖縄旅行プラン(2009年8月 9日)
沖縄旅行へ行く交通手段(2009年8月 9日)